ひな祭りの豆知識

初節句とは

女の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお節句(三月三日のひな祭り)を初節句といってお祝いします。正式には上巳の節句、現代風には桃の節句といいます。

ひな人形とは

平安時代のひいな遊び(お人形遊び)と、紙やワラで作った簡素な人形(ひとがた)に、自分の災いや、厄を移して海や川へ流した流し雛の行事が結びついたの が「ひなまつり」です。したがって現在ではひな人形を飾る事は、その子が健康で無事に美しい女性に育つようにとの家族の願いを意味します。つまり、ひな人 形が身代わりになってくれて、その子に交通事故や病気がありませんように、結婚など人生の幸福を得られますようにという想いが人形にはこめられているのです。

ひな人形は誰が買うのか

古くは嫁入り道具のヒナ型として婚家へ贈ったという歴史もあるように、お嫁さんの実家から贈るのが普通です。しかし現在ではもっと割り切って、可愛いお子 さんの為という意味から、両家で折半にすることもあります。仲人、親戚や友人は、ケースに入った舞踏人形やわらべ人形、市松人形を贈る事が一般的です。

ひな人形はいつ飾るのか

立春(二月四日)頃から二月中旬にかけて、遅くても三月三日の一週間前までには飾りたいものです。又、ひな人形を飾ることが重要なので、人形を買ったり、配達してもらうのは大安の日などにこだわる事はありません。むしろ混雑する日曜日や大安の配達を避ける方が賢明です。

ひな人形は誰が飾るのか

女の節句ということで、おばあちゃんやお母さんなど女性が飾るのが良いとされていますが、今のことですから子育ては男性も参加することを思うと、一家中で飾られてもよいでしょう。

ひな人形はいつしまうのか

季節の節目という意味の節句の由来を考えると、三月三日の節句を過ぎると飾る意義もうすれてしまいます。お節句がすんだらなるべく早めに、遅くとも中旬頃までの天気のよい日にしまいたいものです。

お返しはどうしたら良いか

仲人、親戚や知人等から初節句のお祝いをいただいたら内祝いとして、お子さんの名前でお返しをします。お礼の手紙に、お赤飯か紅白の角砂糖などを添えて贈 るのが本来のかたちです。赤ちゃんのスナップ写真を添えればなお喜ばれるでしょう。但し、お祝いをいただいた方達をお祝いの席に招待できればお返しの必要 はありません。

ひな祭りのお祝いは

本来は、三月三日の当日、または前の晩(宵節句といいます)にお招きします。なるべく三月三日を過ぎることは避けましょう。両家の両親や、お祝いを下さっ た方、普段親しくしている方を招きます。招かれた場合、すでにお祝い品をお届けした方はなにも持っていく必要はありませんが、桃の花などを持参するのは悪 魔を払うという意味もあり気がきいています。

ひな料理

用意するお料理は、まず、はまぐりです。
はまぐりは、他のはまぐりのフタとピッタリ合わないことから、女性の貞節を教える意味で使われます。その他季節柄、貝を多く使ったちらしずしや、鯛の塩焼き、まき貝が願い事をかなえるという意味から、さざえのつぼ焼き等が当日のメニューにふさわしいでしょう。
子供向けには、よもぎ入りの草餅、ひなあられ、白酒などを準備しましょう。

次女、三女が生まれた場合は

その子供の成長と幸福を祈るお祝いであり、ひな人形は赤ちゃんの身代わりとなって厄を受けている事から、基本的におひなさまは、一人一人のお守りなので す。神社のお守りを割って二人で分ける事はしないのと同様に、母親のひな人形をゆずり受けたり、姉妹兼用にするのは本当はおかしな事なのです。
次女、三女の場合にもできれば姉妹平等のひな人形が望ましいのですが・・・。
その子達が大きくなりお嫁に行った時に、そのおひなさまやいただいた人形の役目は一応終わったと考えられます。全国各地で人形供養が行われていますから、供養を受けてからおさめてもらいます。

 

以上のしきたりは、もちろん標準的なものです。全国各地にはさまざまな風習、しきたりがありますので、当然主人側の実家とお嫁さんの実家とで、しきたり・風習が違う事も考えられます。要はお互いの理解と気持ちの問題ですから、両家で良く話し合って、その違いを理解する事で楽しいひな祭りをお祝い下さい。